忍者ブログ

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Copyright

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C)
2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD.
2012-2013 SEGA
All Rights Reserved.

カウンター

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

流れに乗ってベンチした

ということで、新生FF14ベンチマークをやってみました。
結果で言えば『非常に快適』というなんのお面白みも無い結果でしたw
ただやはりPCIe2.0x16レーンにGTX680を接続しているのでどうしてもそこで転送速度が頭打ちになって性能が十分に引き出せていないのが現状。


おそらくマザーと第三世代CPUに変更すればもうちょっとスコアはよくなると思います。
ただフレームレートは平均して60以上出てるし、まぁいいかな~(*´ω`*)
あ、それとドライバも最新版にしております。
一応レポート貼り付けておきます。
-----------------------------------------------------------------------
FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク ワールド編
計測日時:2013/02/22 6:02:47
SCORE:7174
平均フレームレート:61.157
評価:非常に快適
 -非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。

画面サイズ: 1920x1080
グラフィック設定のプリセット: 最高品質
描画設定
-グラデーション描画をなめらかにする : 有効
-見えない物の描画を簡略化する(Occlusion Culling) : 無効
-遠景表示用の簡易モデルを表示して描画負荷を軽減する(LOD) : 無効
-必要な時以外LODデータを持たない(ストリーミング) : 無効
-表示のギザギザを緩和する(アンチエイリアス) : 有効
-透過する光の表現品質を向上させる : 有効
-こまかい草の表示量 : 最大表示:高負荷
影の表現
-影の表示に簡易モデルを表示して描画負荷を軽減する(LOD) : 無効
-影の表示設定 : すべて表示する
-影の解像度 : 高解像度:2048ピクセル
-影の最適表示(カスケード) : 最良表示:高負荷
-影をぼかす強さ(ソフトシャドウ) : 強く:高負荷
テクスチャ品質
-基本的ななめらかさ : 高品質
-角度/距離でのなめらかさ : 高品質
画面効果
-画面の隅を自然に暗くする効果(周辺減光) : 有効
-爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果(放射ブラー) : 有効
-キャラクター移動時の効果表示 : すべて表示:高負荷
-立体感を強調する効果(SSAO) : 強く:高負荷
-光があふれる表現効果(グレア) : 通常表現
カットシーン演出専用効果
-被写界深度表現(DOF) : 有効

システム環境:
Windows 7 Home Premium 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.130104-1431)
Intel(R) Core(TM) i7-2600K CPU @ 3.40GHz
16275.465MB
NVIDIA GeForce GTX 680(VRAM 4042 MB) 9.18.0013.1407

このベンチマークはFINAL FANTASY XIV: A Realm Rebornの動作を保証する物ではありません。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn 公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com
(C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------------

それとついでにサブPCでのベンチ結果ですけど、こちらは『とても快適』になりました。


こっちはあくまでもサブ機なんでそこまでスペックは気にしてないというか、
メインをスペックアップしていった時に出たお下がりで作ったものなんですよね。
ですので結構それなりのスペックで動作させています。

ということでこっちもレポートを貼り付け。
-----------------------------------------------------------------------
FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク ワールド編
計測日時:2013/02/23 13:22:36
SCORE:5083
平均フレームレート:41.157
評価:とても快適
 -とても快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質に設定しても、とても快適に動作すると思われます。

画面サイズ: 1920x1080
グラフィック設定のプリセット: 最高品質
描画設定
-グラデーション描画をなめらかにする : 有効
-見えない物の描画を簡略化する(Occlusion Culling) : 無効
-遠景表示用の簡易モデルを表示して描画負荷を軽減する(LOD) : 無効
-必要な時以外LODデータを持たない(ストリーミング) : 無効
-表示のギザギザを緩和する(アンチエイリアス) : 有効
-透過する光の表現品質を向上させる : 有効
-こまかい草の表示量 : 最大表示:高負荷
影の表現
-影の表示に簡易モデルを表示して描画負荷を軽減する(LOD) : 無効
-影の表示設定 : すべて表示する
-影の解像度 : 高解像度:2048ピクセル
-影の最適表示(カスケード) : 最良表示:高負荷
-影をぼかす強さ(ソフトシャドウ) : 強く:高負荷
テクスチャ品質
-基本的ななめらかさ : 高品質
-角度/距離でのなめらかさ : 高品質
画面効果
-画面の隅を自然に暗くする効果(周辺減光) : 有効
-爆発などで周囲に向かって画面をぼかす効果(放射ブラー) : 有効
-キャラクター移動時の効果表示 : すべて表示:高負荷
-立体感を強調する効果(SSAO) : 強く:高負荷
-光があふれる表現効果(グレア) : 通常表現
カットシーン演出専用効果
-被写界深度表現(DOF) : 有効

システム環境:
Windows 7 Home Premium 64 ビット (6.1, ビルド 7601) Service Pack 1 (7601.win7sp1_gdr.130104-1431)
Intel(R) Core(TM) i5 CPU 750 @ 2.67GHz
8183.055MB
AMD Radeon HD 6900 Series(VRAM 1774 MB) 8.17.0010.1172

このベンチマークはFINAL FANTASY XIV: A Realm Rebornの動作を保証する物ではありません。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn 公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com
(C) 2010-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
-----------------------------------------------------------------------

サブ機に関しては最高品質ではなく『高品質』もしくは『標準品質』で使用するか『カスタム』で使用する感じですかね。

それとどちらも†FF14で使用していた『擬似フルスクリーン』化してベンチを行いました。
擬似フルスクリーンにしたところでベンチスコアに差はほとんどありません。
まぁあったとして±100程度じゃないですかね~、私が見たときはそんな感じでしたけど。

ロードストーンの日記を見てもどうやらGTX580の方がベンチスコアは良いようですね。
まだ完全には6xx系には対応してないのかな~と負け惜しみをww
まぁ私の場合は上記にも書きましたがPCIeレーンの転送速度だろうと思っています。
となるとCPUにマザーボード両方買い替えしなければ・・・ヽ(;´Д`)ノ


拍手

PR

Comments

無題

Posted by きらりん  2013/02/24(Sun) 02:10:14 EDIT

十分高いじゃないかヽ(`Д´)ノ

無題

Posted by れんげ  2013/02/24(Sun) 07:55:34 EDIT

それでも上を目指したいじゃまいか!!ヽ(*`Д´)ノ

Comment Form